menu

初心者がWordPressサイトを作る際の留意点、テーマ選びとテーマ制作?

2018年11月19日 WordPress

WordPressテーマ選ぶ?作る?

たとえば、これからWordPressでサイトを作成しようとするとき、あなたならテーマはどうしますか?

WordPressでいうテーマとは、サイトのデザインを担う部分であり、コンテンツと切り分けてデザインだけを着せ替えができるファイル群のことを言いますが、そのテーマ選びの選択肢として、ほとんどの場合は、次の3つに該当すると思います。

  • WordPress公式テーマから、お気に入りの無料テーマを探す
  • 国内で人気の有料テーマを購入する
  • プロにサイト制作を依頼する

では、これらについて少し詳しく説明していきます。

WordPress公式テーマから、お気に入りの無料テーマを探す

WordPressの管理画面で、「外観」>「テーマ」>「新規追加」を見ると、いろいろなテーマが出てきますよね。WordPressでは、この中から好みのテーマを自由に選んで使うことができます。ただ、これで満足できるかどうかというと、実際にそのまま使ってみると満足度はあまり高くないようです。期待するデザインとは違ったりするので、部分的にカスタマイズを施す必要が多いようです。

国内で人気の有料テーマを購入する

無料テーマで満足できないと、次の考えるのは国内で人気の有料テーマを購入して使うことが最近では多いようです。これを使うにはデモサイトでイメージを掴んで、自分のサイトに使えそうかどうかを事前に判断して、5千円程度から3万円程度の価格で販売されている有料テーマを購入し、自分のサイトに適用してみます。
そこで、マニュアルやサポートを頼りに、自分でテーマをセットアップしていくわけですが、これが慣れないと難しく感じられたり、とりあえずできたとしても、サイトが成長するにつれて、テーマを拡張していこうにも、多機能なため複雑な構成となっているテーマが多いので、独自にカスタマイズがしにくいテーマがほとんどだと思われます。

プロにサイト制作を依頼する

自分でWordPressの構築をすることが眼中にない場合や、すでに既存のテーマで限界を感じている場合などでは、たとえばWebデザイナーやWeb制作会社に、希望するサイトのイメージを伝えてサイト制作をオーダーすることが考えられます。
ただし、その場合にも次のような選択肢があるので、知っておくといいでしょう。

  • 無料または有料の既存テーマをベースに使用して、必要なカスタマイズをお願いする
  • 独自のデザインを検討し、オリジナルテーマを制作する

無料または有料の既存テーマをベースに使用して、必要なカスタマイズをお願いする

この場合は、既存のテーマをベースに使うことで、制作コストを大幅に抑えることができます。あらかじめ自分が希望するテーマが決まっていればそれを伝えてもいいし、サイトのイメージを伝えて、プロにテーマを選んでもらってもいいでしょう。有料テーマはデモサイトがありますので、それを見せてもらい納得ができたら購入するという感じです。
ただし、有料テーマを選ぶ場合は、多機能であるがゆえソースコードが複雑で、独自にカスタマイズを施すことがたいへん難しいテーマ構成になっています。そこはプロのWebデザイナーであっても、他人が作ったソースコードをカスタマイズすることになるので、難しい部分があることを知っておくといいでしょう。

また購入しなれば自分のサイトでテストができないため、買ってみなければ使い物になるかどうかはわからないということになります。

独自のデザインを検討し、オリジナルテーマを制作する

究極は自分だけのデザインをオリジナルで制作することになると思います。希望するサイトのイメージラフを伝えたり、あるいはデザイン経験のある人はデザインデータを持ち込んだりして、WordPressテーマを制作してもらうことが可能です。すべての制作会社がそうとは言いませんが、少なくとも当社はお引き受けしています。

ではここからは、当社がどのようなWordPressのテーマを制作していて、どのようなメリットがあるかを、もう少し詳しくお話ししたいと思います。


自分だけのWordPressオリジナルテーマとは

自分が希望するデザインでWordPressサイトおよびデザインが作れることはいうまでもありませんが、サイトが成長するにつれて、拡張できるしやすいという点でもメリットがあります。

カスタマイザー機能がないことのメリット

汎用テーマには、さまざまなカスタマイザ機能が備わっていることが多く、それによりファイル構成が複雑になっていることがよくあります。
特にWordPress標準テーマであるTwenty xxxのシリーズなどを例にとってみても、使用可能な全ての機能を盛り込んでいるため、使用することのない機能もすべて盛り込まれていて、必要以上に複雑なファイル構成となっているように思います。これはユーザーが簡単にカスタマイズを楽しめるというメリットがある反面、PHP/JS/CSSを複雑にするため、必要以上にソースコードのボリュームが増えてしまいます。
それに比べて、もともと自分の好みで仕上がっているオリジナルテーマなら、そのようなカスタマイザ機能はそもそも必要ないので、ソースコードは必要最小限非常にシンプルです。このシンプルであるということが一番のメリットであると言えます。

PHP/JS/CSSがシンプルで軽量であるメリット

これもコーディングを行うエンジニアによるところだと思いますが、シンプルなソースコードであるということは、将来拡張の余地に余裕があるということに繋がります。
さらに軽量であればあるほど、読み込む速度が速く、ページを表示する速度が速めることにも繋がります。
これらは、将来的にユーザーもしくは製作者が変わっても、独自のカスタマイズや修正を行いやすくなることにも繋がっていきます。
つまりシンプルであることのメリットは、ユーザーにとっても、製作者にとってもメリットが多いと考えています。

アップデートの必要がないことのメリット

既存テーマの場合は、テーマのアップデートに備えて、追加CSSや子テーマでCSSを追加することになりますが、そうなると親テーマのCSSを継承するためソースコードは冗長になりがちです。
それに比べて、オリジナルテーマなら、親テーマを直接書き換えできるという点においても、シンプルで軽量なサイトが構成できることに繋がります。


以上、初心者がWordPressサイトを作る際の留意点、テーマ選びとテーマ制作についてお話させていただきました。ご意見ご質問等ありましたら、ぜひコメントお寄せください。